理念&プロフィール

創業理念

愛は、惜しまず与え、受け入れる懐。

志は、大義をもって挑戦する力。

共は、仲間と生きる絆。

創は、自由で壮大な夢と希望。

すべては、

飼い鳥たちと社会の幸福のために。

行動原理は5つの「e」

1「energy」

「心のエネルギー」を大切にします。中でも、好奇心は最も高いクオリティを発揮できる潜在能力の1つであると確信しています。ワクワクするような毎日を目標とします。

2「energize」

「人のエネルギーを高める」ことに努めます。人の多様性や価値観を大切にし、人と支え合い共に成長する、人を豊かにすることがより大きな力になると考えます。

3「exploration」

「探求・吟味」することをやめません。古いものを尊重しつつ新しいものを探求し、課題を吟味することで視野を広げ、時代のニーズに応じたアイデアを創造します。

4「execute」

「実行」を続けます。経験は何事にも代えがたい財産で、それをもとに深い思考と考察ができるようになります。挑戦・反省・勉強を繰り返し、簡単に諦めません。

5「enjoy」

今日も楽しく、愛ある仕事をします!

e-missionsの由来と使命

e-missionsの由来について。「e」は、日本語の「良い」の発音と意味を含み当社の5つの行動原理を表しています。また、私が勤めていた公職では仕事を「任務」、「使命」などと表現することがあります。任務・使命の英語表記はmissionです。

短い在職期間でしたが、在職期間中は仕事のためなら死んでも構わないと考え、家族には仮にそうなっても本望だからと話していました。公職は退職しましたけれども、命がけで仕事に取り組み社会貢献したいという気持ちに今も変わりはありません。

e-missionsは行動原理の「enjoy」を、継続を前提としての副次的なものと捉えます。

例えば私はフルマラソンの経験がありますが、道半ば、特に30km付近では足がつりそうになり体の節々は痛み「もうやめたい」と何度も思います。しかし、もともと体を鍛えるのが好きなことが背景にあり、そこに「なにくそ」という気持ちが生まれます。

さらに、沿道の温かい声援に大きな勇気をいただきまして「やらなければ」という使命感を抱きます。42.195kmの旅を終えてゴールするとき、そこに残るのは何度も限界を超えた裸の自分のみで、心から拳を天に突き上げることができる至福の喜びがあります。

この葛藤と達成感が楽しいです。私はマラソンが人生の縮図のように感じます。

乗り気ではないけど、やってみたら凄く楽しかったということはないでしょうか。それは自分の潜在部分やその他の要因を見い出せていないだけで、そこに大きな才能が眠っている可能性があります。私は持久走が大嫌いでした。

逆に好きだったとしても、楽しめないことがあります。それは実はそこまで好きではなかったか、手段が間違っている可能性があります。

楽しめる = 才能

e-missionsが楽しむ使命は「飼い鳥たちと社会の幸福」で、飼い鳥の文化を社会に浸透・発展・継続させることです。そして、お世話になった方の夢のお手伝いをさせていただく事業を展開します。

また、これらの道のりを発信することにより、メディア運営、コンテンツ制作及びコピーライティングを研鑽し、得た経験と実績を蓄えサービス化することでお客様の事業のマネタイズ(収益化)、キャッシュフローや集客の改善を共に考えます。

これからも飼い鳥たちと社会の幸福のために事業を展開し、志を裏切らない、失敗しても何度でも立ち上がる不撓不屈の精神にこだわりを持ち、これらを人生の任務・使命として全力を尽くして参ります。

e-missions活動内容

  • メディア運営
  • コンテンツ制作
  • コピーライティング
  • 広告提携
  • 各種コンサルティング

ご挨拶

いつもe-missionsをご覧いただきありがとうございます。

e-missionsは平成30(2018)年、大型・中型インコ、オウムの飼育方法が日本においてまだまだ認識不足であるとのニーズを受け、主に飼い鳥の飼育方法をコンテンツとする情報発信サイトとして大阪府豊能郡豊能町で開設致しました。

振り返れば私の人生は両親と鳥に育てられたようなものでした。子どものころ動物が大好きだったんですが、賃貸住宅でペットが飼えなくて。そんな時に大家さんやご近所に内緒で飼い出したのが1羽の黄色いオカメインコで、私は何より鳥が大好きになりました。

今、ルリコンゴウインコを家族に迎えて。社会のインコやオウムに対する考え方や知識などを肌で感じる機会が増え、思いますのは昨今の鳥ブームに比べ日本はまだまだ飼い鳥、特に大型の鳥にとって優しい社会であるとは言いがたい状況です。

そこで「鳥を愛する皆様に、価値ある情報をお届けしたい」延いては「日本がもっと飼い鳥にとって住みよくなってほしい。鳥と人が幸せになれるよう貢献したい」という気持ちが強くなり、夢を叶えるためにはどうしようか試行錯誤しておりました。

私の夢は1人では叶えられません。

なら、叶えていただくために私がまず周りの人の幸せに貢献しよう。宝塚るりと私を受け入れて下さった方や地域のためにまず恩返しをしよう。その道のりを心から楽しもう。そんなコミュニティの豊かさを育て地域を盛り上げることを目標に立ち上げました。

設立間もない当サイトですが、インコやオウムと飼い主様が幸せになる住みよい社会を創造し、またその活動を通じて地域社会に貢献できるよう皆様の期待に応えるべく日々努めて参ります。

e-missionsは、私の七難八苦、七転び八起きな人生がコンテンツとなります。ここに書き残しますことが、お付き合いいただいた皆様の「止まり木」になれれば幸いです。道に迷ったり悩んだりしたときは翼を休めて、ぜひ次に飛び立つきっかけとして下さい。

さて、私にとって彼は幸せの青い鳥なのでしょうか。いや、私が飼い主として幸せにすることが使命でしたね。それでは、ルリコンゴウインコの「宝塚るり」との暮らしを引き続きご覧いただければ幸いです。

皆様のご指導・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

e-missions代表

佐々木尚哉

e-missions筆頭代表プロフィール

宝塚るり:宝塚市出身。愛称「るりちゃん」、オス。ホームセンターで生後11ヶ月を暮らす。卓越した手腕で独身中年男を巧みに誘惑して狭いケージから脱出。その男を通じて郊外の広い戸建てを手中に収め我が物顔で暮らす稀代の小悪魔的プリズンブレイカー。ホームセンター時代にすでに「るりちゃん」と喋っていたため、飼い主となった男が意地を張って「宝塚るり」と命名するものの、そう呼ばれたことは一度もない。

性格:超わがまま、小心者

体格:体長90cm、翼幅150cm、体重1kg

職業:破壊神

得意技:カラビナを開錠した後のドヤ顔

好きすぎるご飯:ひまわりの種

話せる言葉:るりちゃ~ん、おはよう、ばいば~い、あくしゅ、
おいしいっ、かわいいっ、鳩ぽっぽ♪

e-missions代表プロフィール

佐々木尚哉:神戸市出身。元消防官、元警察官。るりちゃんに誘惑された男。毎日同じことの繰り返し、管理的・保守的な風土に嫌気がさして2度も公務員を退職。現職は介護職の傍らe-missions代表。飼い鳥に関する最新情報の発信・啓発活動、地域振興活動に携わる。完全に会社員は向いていないと思うこの頃。

性格:独立独歩、実は超熱血

血液型:O型

好きな動物:インコ、オウム

好きな飲物:アイスコーヒー

好きな偉人:高橋紹運、武田信玄

好きな言葉:人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり。

好きな漫画:「ONE PIECE」

好きなキャラ:ゾロ

いつか欲しい:ハーレー、キャンピングカー

沿革

平成30(2018)年3月 ・大阪府豊能郡豊能町にて、e-missions開設

平成30(2018)年8月 ・理念作成

・「宝塚るり」イメージキャラ完成