魅力的なブログを書き続ける方法【4つの準備編】

ブログを続けたい!!

発信活動を行いたいということは、何かを伝えたいという強い動機があるのではないでしょうか?本業の集客に繋げたい、広告収入を増やしたい、溢れる想いを伝えたい、叶えたい夢がある。

でも言葉にできない…

文章を考えたり書いたりする時間が苦痛、もう少し楽に文章が書けたら…なんて意見が多いかもしれません。文章を書くって結構大変です。個人的には結構どころじゃなかった。私も自分なりに強い動機を持ってブログを始めたはずでしたが、ほどなく手が止まり長い時間悩みました。

続けたい気持ちはあっても、書き続けるということに大きなハードルがあったように感じます。ですから、どのように解決したのか。ここでご紹介したいと思います。

はいっ。ではいきますよ!


ブログを続ける4つの準備

①細かいことは適当、適当~!大雑把でOK!

私は変なところ完璧主義な部分がありまして。質の低い投稿を世に出すのは気が引ける。とは言え訴求できるような専門性もない。ネタ探しに困り果てて少し書いてみては、

こんなん…世に出せんわ。

と思ってしまう繰り返しになった。これが最初に手が止まった主な理由でした。書いても書いても自分で読み返すと面白くないと感じて仕方がない。どう言葉や文章にしたらいいのか分からない。

読む価値あるか?

いろいろ考えているとマイナスの感情が心を支配して…いつのまにか焦りばかりが前面に。挙句の果てには「どうしたら読んでもらえるんやろ」という方法論にすり替わっていました。その上、ブログ業界って情報量が多いですよね。あの人はああ言っているけど、この人はこう…。

それだけ、まだまだ確立されていない業界なんでしょうが…。アイキャッチ画像は自分で作る?文章は5000文字?雑記ブログはSEO的に弱い?特化ブログは継続が難しい?

え~いっ、何が正しいか分からん!

初心者にも分かりやすく言って(泣)

情報の流入がありすぎて頭は完全にパンク寸前。合理主義の理論派で寄り道が好きではない私にとって、調べても調べても答えが出ないことが余計に混乱を招いて。ブログ業界は意見が色々ありすぎて何から学べばいいか分からんっ

独学って愚行の極みなん?

面倒くさっ!!

でも、でも…明日こそ書かな…

どんどん負の連鎖に陥って悶々と考え、日々の忙しさを言い訳にブログから遠ざかる日は続きました。酷い時には簡単にアクセスアップするにはどうしたら?なんてことも考えましたね。こうなってしまうと、もう本末転倒です(笑)

息巻いただけ、

反動で精神状態が健全でなくなる。

こだわり過ぎるとこんな失敗が起こってしまいます。目的も見失います。お金をとにかく稼ぐサイトに特化したいならアクセス分析するべきですし、きっと細かい作業が必要になってくると思うんです。

でもね、

私の個人的な見解としては、理念を持ってブログ等の発信活動から始めて、後々自分の夢を大きく開花させようという場合に限って、地道に自分の言葉で語るサイトをゆっくりと育てていく方法でも良いと思います。

なぜかって?

人は夢に集まるから。お金を稼げますってサイトに集まる方々はお金を稼ぐことが好きな方、あるいはそれが夢でしょう。でもお金を稼ぐなんて上には上が果てしなくいます。お金は方法論ですよね?だから、得意なことで自分のレベルを上げるしかない。付加価値は得意分野でしかあり得ない。

目標が「お金を稼ぐことの専門家」でないなら、これでいいのでは?ず~っとお金を稼ぐ話を訴求し続けるなんて私には無理。

だから、ヘタなブログ論を考えるぐらいなら自分の理念を育てるほうが、誰かの心に届くブログになるって結論に至りました。どうでもいいわ~も大切やなって。

  • 細かいことはどうでもいい。
  • 下手でもいい。
  • 理念だけはしっかり持つ!

②「明日から始める」は一生来ないと心得る。

私も「さじ投げた~」が続きました。

「明日から始めよう」ってよく聞く言葉ですが、言っているうちは一生明日は来ないってことが身に染みて分かりましたね~(情けない話ですが)

本業が繁忙期やから!トラブルが続いているから!もう少し勉強してから!るりちゃんと遊ぶ時間は削られんから!今日はどっと疲れたから…な~んて

「〇〇だから、できない」ばっかり!

とんだ甘ちゃん。

まあ人間だからそうなることもあるはず。きっと心がついて来ないなんて日もあります。だからこそ、なんでもいいので「自分が明日死ぬ」ってなったら「これだけは残して死ねんなぁ」って強い動機を持っておくことをオススメします。これが私が克服した方法。

まず、私が最初にブログによる発信活動を始めた理由の説明からですが、100年近く生きる可能性があるルリコンゴウインコの飼育を引き受けたこと(自分の意志で購入を決意したのですが)

私の人生であと成し遂げたいことは「るりちゃんの将来を保証してあげたい」ただそれだけ。それ以上は何も望んでいなくて人並みの人生も歩んだし(いや、かなり濃いか)30代を迎えて自分のことはどうでもよくなってきて。

それでも、目に入れても痛くないほど溺愛しているこの子だけは、私の人生を賭けて路頭に迷わないようにしないといけない。命あるものの飼い主となった責任だけは果たすべき。けど、現実の社会問題として大型鳥はその寿命の長さから保健所に行ってしまうケースが多いらしい…。

そんな現実に胸が締め付けられた。

でも、

「人生の使命や!!」とも感じた。

大型インコ・オウムの飼育を制度として確立し文化として定着させる。これしかない。それには、まずるりちゃんを一般家庭で飼育している実績を基にNPO法人TSUBASAさんの「とり村」みたいな施設を作る。御法人の理念「命のバトン」がキラキラと輝いて見えました。

保護施設を夢の中心に据えよう。

そう考えたから、発信活動を始めました。ただ、上記でもお話ししたとおり完璧主義なところがありまして、焦りも相まってブログが書けなくなった。ブログのアクセスアップがしたいわけでも、露出が増えて有名になりたいわけでもなかったはずなのに。如何せん動機として弱かった。

時間に余裕があるから。

緊急に迫られていない。

悠長に構えていたのも束の間、つい先日に誕生日を迎えて34歳に。「独身やし、まだまだ人生これから!」な~んて考えていたんですが妙に焦りを加速させた事件が!ふと鏡をのぞいた時、

4~5本の白髪発見っ!!

しょうもないことかもしれません。でもアンチエイジングを実施していて、体力にもかなりの自信があった私にとって、自分の老化を目の当たりにするってことがもの凄く衝撃的だった。

白髪を見た瞬間急がなアカンがな!何を悠長に構えてんのや俺…!」って衝動に駆られました。歴史好きな私の耳には「人間50年…」って幻聴が聞こえたとか聞こえなかったとか。

続けることを前提とした話ですから嫌なら辞めても大丈夫ですし、そんな危機感に迫られてブログをする必要はありません。でも、ここをご覧になっているということは少なくともブログで文章を書きたいけど書けないと悩んでいらっしゃる方のはず。

更新できない時間があってもいい。

それは、理念を育てろって神の啓示。

言葉は思考の断片にすぎない。

深く思考していない、或いは突き詰められていないから言葉にできないのではないでしょうか。私も4ヶ月ほったらかしたんです(笑)そして、それでも発信を続けたいと決心した時に自然と手が動き出しました。夢を実現する年齢に迫られているって実感が強い動機になったのかな。

「なぜ、ブログをするのか?」

ここはしっかり持っておいた方が、理念としてもブログの魅力としてもよさそうですよ!これが私がブログに戻ってこれた理由です。そしてきっとその理由こそが、あなたが訴求するべき理念や専門性のはず。


③とりあえずアクセスは二の次。気にしない。

成果が目に見えないって厳しい…

読んでもらいたい人に心から共感していただき、できれば鳥たちを守る同志になっていただきたい。ブログは仲間集めの声として発信することが目的で、そのあとに自分の夢が広がっていくという理念があった。

なのに…。実際にブログをやり始めるとアクセスがなく結果も出ない毎日。手が動かなくなっていしまう自分がいました。ある程度自分の想いのたけを吐き出したら、書くことが無くなってしまったので記事更新が出来なかったのもあります。

「その程度!?」って自問自答連続。

そう自暴自棄になったときがありました。当分の間は時給0円ですから。やっぱり綺麗ごと抜きで、アクセスがない時期にモチベーションを保つのはなかなかのメンタルを持ち合わせていないと厳しいと思います。「1年間アクセスは見るな」なんてことを仰るブロガーさんもいらっしゃるぐらいです。

私もこれからはアクセス解析ツールなんてものをじ~っと見てどうこう考えるのはやめます。これは単純にこんなことに時間をかけるなら、コンテンツを充実させた方がいいわって考えに至ったからです。

指名検索してくれた方々を

大切にするブログにしよう。

実店舗で置き換えたらそりゃあそうです。いくら人通りが多いところに出店しても商品に魅力が無ければ見ることもしていただけません。「アクセス(=人通り)が欲しい」ではないはず。

必要として下さった方を大切に。

肝に銘じます。


④最も重要な「自分の言葉で記録する」

体験したことを箇条書きでメモする習慣がとっても大切です。体験したとき発生した心の揺れこそが最大揺れ幅だからです。その時に感じた言葉こそ最も貴重な財産である「あなたの言葉です。

重要なことを言いましたよ!

あなたが遭遇した事象に対し、どのように受け止め、感情が揺さぶられ、動機が生まれ、誰かのためを考え、どういった行動を起こしたかがブログの魅力になります。また、その感情を感じたまま自分の言葉で丁寧に記録していくことを強くオススメします。

あなたのリアルな感情を表現した言葉こそが、唯一無二の人の心に響く文章の核となり得る。これこそブロガーが出し得る最大の付加価値と私は考えます!

事項で触れますが、理念に沿って言葉を紡いでいくことこそ、人の心に届く文章が書ける方法として大きな土台となると私は確信しています。


本日のまとめ

<おさらい>

  1. 細かいブログ論より理念を育てる。
  2. 背中を押す強い動機を持つ。
  3. 目先の数値よりファンを大切に。
  4. 体験を自分の言葉でメモする。

創業とは想いの強さであり、想いの強さとは一時の持ち上がった高ぶりではなく深いモチベーションからくるものであると最近学びました。神は細分に宿ると言いますが、文章を書くならそれは隅々にまで顔を出すことでしょう。だから「ブログは自分のペースで良い」と思います。

るりちゃんとの平和な日々に流されて…ハングリー精神が薄れていたこと、将来の達成したい使命を見失っていた自分がいたこと、自分の弱さから目をそらしていたこと。一方で焦る気持ちが先行して「本気ってその程度か!?」と自分を焚き付けてくるもう一人の自分がいたこと。

自分の理想の姿と本当の姿を比べて向き合えたとき

「自分は弱い」と思いました。

私は未来予想図をイメージしただけで筆を動かせていなかった。本当の同志とはゆっくり集まるはず。何を急いでいたんだろうと考えられたとき、こだわっていた「時間」を手放せました。

ブログにおける文章の真髄とは、

自身の経験に疑問を持ち続け導き出したものを「ああでもない、こうでもない」と繰り返し自分の本質と向き合うことでのみ理念が成熟します。「その理念から湧き出る研ぎ澄まされた心の叫びのみが、人の心を掴んで離さなくなる言葉を生み出す」ではないでしょうか。

額面の言葉で語っても薄っぺらさしか伝わらない。薄っぺらい言葉に誰が共感してくれるだろうか。言葉が先走っても本当の想いはきっと届かない。もっと言えば「発信、発信」って気持ちが先行して、受け取る側の気持ちを考えることを放棄した御座なりの言葉になってはいなかっただろうか。

一朝一夕の言葉に、魂は宿らない。

本当の発信力を目指そう。焦らずに思考を深めよう。思考の世界を広げるには自分自身ともっと向き合い「心の言葉」を探そう、その上でブログを書き続けるため理念を育てよう。この大切さに気が付きました。

たくさんの人に読まれるよりも、本当に困っている人に伝わってお役に立ってほしい。分かっていたはずですが分かっていただけだった。そこが私の弱さ。「全てを夢のために投資する」今からすぐ実施!とは胸を張って言えませんが、少しだけ私はこの経験を経て前を向けました。

ブログを続けようとされる方へ。

私の経験が参考になれば幸いです。

▼この記事のシェア▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です