大・中型インコ、オウム飼育のハードル。ルリコンゴウインコ飼育記-2

ルリコンゴウインコを飼育していて感じる飼育難易度ですが(※あくまで「るりちゃん」の場合)飼いにくさ:4.5点/5点満点ってところでしょうか。主観が入りますが「飼いにくいが、飼えなくはない」です。

もう少し解釈しますと「本気で飼いたくて、責任を持って幸せにすると覚悟を決める」これができればルリコンゴウインコを始め大型・中型インコ、オウムは飼えます。私は、るりちゃんを飼うまでオカメインコしか飼ったことがないです

では何が大型・中型インコ、オウムを飼育する際のハードルになるのか?私がルリコンゴウインコを飼育していて感じる中型以上を飼育するにあたり、クリアしなければいけないポイントを下記にまとめてみました。

乗り越えるべき障害は多い!【プチ対策編】

強烈な呼び鳴き

外への聞こえ方、音漏れについて、個人的には大型犬や、吠え続ける犬の声より騒がしくはないと思います。トータルで。ただ、かなり寂しがり屋なので爆発力があります。外出すると分かったときはすさまじく鳴きます。ちょっと離れると鳴きます。

その鳴き声たるや怪獣みたい。

「ギャーーーーッ」って擬音がよく似合う。

難点は、この声に日本人は慣れていない。

飼いだした初期のころ、ご近所の方に「首、絞められたような声で鳴きます??」ってあたふたしながら、質問されたことがありました。(その説は、すみません。虐待していると思われたんでしょうか)近くにいたら本当に耳が「キーン」って鳴ります。

そこを上手くやる工夫は必要。また、いざ外出してしまえばおとなしい。気になるようであれば、お手軽に窓に貼るだけの防音シートも売っています。ちなみに今では、ご近所様から「ほんと、いい子にお留守番しているよ」との評価をいただいています。

ご近所の皆様、るりちゃん共々深く感謝致しています。

朝、夕のおたけび

大型・中型インコ、オウムは朝夕におたけびをするという話をよく聞きますが、日中に大きな声で呼び鳴きされるのと朝早くに大声で鳴かれるのはきっと事情が変わってくるはず。そして、これは個体差もあります。

るりちゃんは、我が家に来てから今のところ、おたけびはしていません。ペットショップではしていたらしい。呼び鳴きかな?朝、私が近くにいれば気配を感じて明るくなると同時に呼び鳴きします。

誰もいなければおとなしい(2階にいたら大丈夫)

環境の調整が大事かも。背景要因は様々ですよね。その代わり我が家では、ずっと構っています。トイレでも、キッチンでもついてきます。構ってあげられないときは、ケージにしっかりおもちゃを入れてあげて1人遊びをしてもらいます。

生活の中心は、完全にるりちゃん。

やきもち

インコやオウムって、1匹飼いだと飼い主オンリーワンな子が多いですよね。しかもルリコンゴウインコはつがいになると一生添い遂げる鳥種。

元来、手乗りとして飼育する場合に多種飼い、複数飼いには向いていないとも言われているようで、るりちゃんもこの特徴に合致しています。私に近づくものに対して攻撃的な傾向があります。家族がいる方は要注意です。

ただ、すごく都合がいい。

遊んでくれる人と判断すれば私が不在のときは割と誰でもいいみたい。そして私が帰ると手のひらを返して「あなただけの、るりちゃん」になります。基本的には人懐っこく人間大好きな子です。噛みつきは、クリッカー等によるターゲットトレーニングも有効です。

毛引き

人間でも長い間、牢屋に閉じ込められて何もすることがなかったら、たぶん爪ぐらい噛まないでしょうか?鳥も同じです。暇を持て余す、することがないと問題行動に発展しやすい。特に毛引きはクセになったら治りにくい。

るりちゃんはペットショップで毛引きを始めていまして、左の翼の羽がほぼありませんでした。尾羽も擦り切れてボロボロ。それを放っておくことができなかった私は彼と暮らすことを決意しました。

今は完全に治りました。約1年かかった。特に大型は知能が高いので、知的刺激(ぼーっとする時間を減らす)は重要。ここでもおもちゃは活躍してくれました。でも、最大のポイントは本当に声掛けだと思います。優しく、たくさん声をかけてあげて下さいね。

掃除が大変

そのままです。体が大きいので、ありえないぐらい大きい羽が落ちていたり、季節ごとに換羽するので床が毛だらけになります。白系オウムなんて脂粉が凄まじいですよね。オカメインコでも多かったですから。

あと、ケージも大きいので拭き掃除が大変。糞が乾燥するとそれはそれは固くなりますし、粒子が飛散するのはよくないので細目な交換も大事。新聞紙は広く分厚く敷くので1回で1刊ぐらい使います。ひまわりなど種の皮も広範囲に散らかります。

ごみ捨ての日、パンパンの大袋を2つ出していると「結婚して、家族増えました?」とご近所の奥様に聞かれたことがあります。さらに、排泄物もダイナマイト級(鳥にしてはです)奉仕精神や愛情、あと掃除が好きじゃないとここは厳しい問題かも。

掃除に関しては一工夫が必要

破壊力抜群の嘴

服に穴が開きます。我が家では日常茶飯事。おもちゃなんて、ものによれば一瞬で破壊されます。本気で噛めば、人間の指の骨を噛み砕けるぐらい力が強い。あと配線コードや電化製品は噛みちぎられると感電や火災の危険性があるので本当に注意が必要です。

噛みつき防止対策コードはオススメです。

また、じゃれてくる際の甘噛みでもまあまあ痛い。これはしつけでなんとかなる部分もありますが、彼らは嘴しかありませんので噛むことでストレスを発散します。そもそも「噛みたい」本能がある生き物なので、ゼロにすることは難しいかもしれません。ここでも、

クリッカーによるターゲットトレーニングは有効かもしれません。

▼次回は高額&大掛かりなもの等、本格的な対策!

関連記事:大・中型インコ、オウム飼育のハードル。ルリコンゴウインコ飼育記-3

▼ルリコンゴウインコとの出会いから、一緒に暮らすまでのお話し。

関連記事:「宝塚るり」の誕生まで。ルリコンゴウインコ飼育記Episode:0

▼この記事のシェア▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です